とっても怖い!害虫にまつわる商業トラブル

商業施設とは、新聞社や放送局などの公共機関や公園、道路などの公共施設以外の宿泊や飲食、販売など商売を取り扱う施設のことを指します。個人経営のものから、複数の店舗を構える複合店があります。買い物や観光、様々な理由はありますが施設やお店のサービスを目的にして多くの消費者が訪れます。不特定多数の利用者があるため、そこでノミやダニ、南京虫(トコジラミ)が大量に発生すると、大きなトラブルに繋がります。ここでは、商業施設で起こる衛生害虫のトラブル被害について解説していきたいと思います。衛生害虫のことをよく知って、適切に対処していきましょう。

商業施設と衛生害虫トラブル

映画館や宿泊施設には、多くの人が出入りします。その為、衛生害虫による被害も蔓延し易いと言えます。もし、そんなことが起きてしまったらその施設には大きな打撃となるでしょう。ここでは、特に注意が必要な施設をいくつか挙げてみたいと思います。

衛生害虫による商業施設トラブル

映画館

暗く温度も一定に保たれているので、害虫にとってはとても快適な環境と言えるでしょう。また、、人の出入りも多いので血を吸う対象にも困りませんので、一度住み着くと一気に繁殖する可能性もあります。こういった施設では、繁殖する前に対処することが大切となるでしょう。

宿泊業界・観光業界

宿泊施設には、日本人だけではなく、観光地へ遊びに来た海外からの旅行客もいますので、荷物と一緒に害虫が持ち込まれてしまうこともあります。その為、高級ホテル・旅館だからと言って害虫トラブルがないとはいえません。

※害虫のトラブルが起こった時のトラブルに加え、今後の営業への影響や経済被害が考えられます。

衛生害虫が発生することで起きる障害

考えられる商業施設への影響

商業施設で衛生害虫の被害が出た場合、一体どのような影響が考えられるでしょうか。中でも深刻な被害に発展しやすい宿泊施設を例に挙げて解説していきます。

施設への影響

宿泊施設で衛生害虫被害が起きた場合、最初に考えられるのが以下の影響です。

【宿泊室閉鎖】

害虫の存在が発覚すると宿泊者に被害が出る恐れもありますから、駆除完了するまで、客室は閉鎖されるのが通常です。

【信用失墜】

お客様に害虫被害を出した場合、信用の損失につながります。宿泊客は宿泊先を信用してサービスを利用します。その相手にたいして相応の対応をしなければ、マイナスのイメージを持たれることになります。さらにクレームになった場合、今後の経営にも影響しかねない要因となります。

情報の拡散

現代の情報社会では昔ながらの新聞やメディア情報以外にも様々な情報が個人で手軽に発信できるようになりました。これにはメリットデメリットの側面があります。

【情報の発信方法】

・スマートフォン・・・個人が手軽かつ気軽に情報を発信できるようになった最たる情報機器で、良い口コミも悪い口コミも一瞬で駆け巡ってしまいます。個人的な不快や怒りであっても情報が、一気に拡散して多くの人に「対応の悪い宿泊施設」というイメージをつけられてしまう可能性もあり、酷い時には風評被害などにより経営的損失に繋がる場合もあるのです。

・報道、マスコミ・・・国民に対する影響力は絶大と言えます。害虫のことがニュースで話題になったり、新聞各紙上に載ってしまった場合、今まで評価もよくいつも満室で人気のあったお店が宿泊キャンセルなどが相次いで営業に支障が出てしまう、ということも考えられます。

経営への影響

裁判沙汰になってしまった場合、今後の営業に響くダメージは軽視できるものではありません。

【経営に対する影響】

裁判になってしまい相手の言い分が認められ、損害賠償を求められた場合、被害を償うに値する相当額を支払わなければなりません。場合によっては高額訴訟を起こされ、営業停止を求められることもないとは言い切れないのです。

考えられる商業施設への影響まとめ

以上が宿泊施設を例に挙げた、考えられる商業施設への影響です。大げさ、と思われるかもしれませんが、商売においてイメージというものはとても大切で、そこに悪い印象を持たれると一気に客足は遠のきますし、イメージを回復するのに大変な労力を必要とします。このような事態に陥らないためにも、日頃から清掃や調査といった作業を怠らず継続的に行う必要があるのです。

お客様を収容する施設では、その空間が品物となります。品物に虫がついていれば当然、取り除くものですが、衛生害虫の場合目に見えない事もありますので、より注意深く対応する必要があります。施設で害虫被害を防ぐときには、各自で対処するのでなく、より高い効果を期待できる害虫駆除業者を利用するのが最善の判断といえるのではないでしょうか?

衛生害虫110番情報

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料! 携帯電話・PHS OK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。