甲府市対応の弊社加盟店のご紹介

甲府市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

甲府市は全国的にも夏の気温が高いことで知られています。2015年で見ると、最高気温35度以上の猛暑日が23日、最高気温30度以上の真夏日が65日もあり、1年のうち最も気温が高くなる7月から8月にかけては降水量も増える傾向が見られます。人間にとって不快な高温多湿という状態は、虫たちにとっては快適な環境。このような条件のもとでは、ダニやノミ、また南京虫(トコジラミ)といった衛生害虫の繁殖や活動も盛んになることが懸念されるため、甲府市では特に梅雨の時期から夏の終わりにかけて、衛生害虫への対策が必要になると言えるでしょう。ダニやノミに刺されると痒くなるというのは皆さんご存知のところでしょうが、さらに注意が必要なのが南京虫(トコジラミ)で、ひとたび刺されてしまうと、その激しい痒みについては、個人差はあれ言い表せないほどのものがあると言います。これらの衛生害虫がもしも家の中で繁殖してしまった場合は、正しい技術や知識のもと駆除を行わないといけません。またここ数年の間に、トコジラミの発生件数が増えています。どのような場所を好むかと言うと、暗い場所、狭い隙間などに潜伏し、繁殖するようです。例えば、柱や壁面、壁紙の裂け目や家具の隙間などに虫の排泄物を見つけたら駆除する際に生息場所を探るポイントになりますから記録しておきましょう。また、衛生害虫はベッドや寝具類に住み着くことでも知られていますから、寝ている間に何かに刺されて強い痒みに悩まされているようでしたら、一度ダニやノミ、南京虫などの存在を疑ってみてください。室内の温度や湿度が高くなり過ぎないよう、都度調節する事が大切です。この時、数時間部屋を閉め切った状態で除湿器やエアコンの除湿機能を使うようにすると効果があるとされています。また、押入れなどに湿気がこもらないよう、換気も行いましょう。衛生害虫の怖いところは、サイズが非常に小さいために、肉眼でその姿を見つけることが困難であるということです。ですから、気づいたときにはすでに増殖を繰り返した後で、家じゅうあちこちに住み着いていたというような恐ろしい事態にもつながりかねません。そんな事になる前に、衛生害虫の駆除に精通した業者に問い合わせて、駆除に関する相談や依頼をしてみることをおすすめします。自分では完全に退治しきれない衛生害虫であっても、業者ならではの豊富な実績やノウハウを活かしてくまなく駆除してくれるでしょう。さらに予防についてもアドバイスを受けることが出来れば、毎年やってくるジメジメした梅雨やうだるような暑い夏の時期に、衛生害虫による被害に悩まされることが無くなるのではないでしょうか。

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料! 携帯電話・PHS OK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-097
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼