ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 福井市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

福井市対応の弊社加盟店のご紹介

木谷化学産業株式会社
ダニやノミなどの衛生害虫は、清潔な住居環境を保っていても発生することがあり、人に被害を与える存在です。駆除をしようにもどんな駆除剤が効果あるのか、どこを重点的に駆除作業をすればいいのかなど分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな時は、衛生害虫の駆除を行っている業者に頼るのが得策でしょう。駆除範囲が広くても、任せることができるのでご自身の手間をかけずに的確な駆除ができます。金沢市での衛生害虫駆除に対応している「木谷化学産業株式会社」では、ダニ・ノミ・トコジラミの各種を駆除し、予防策のアドバイスもしっかりと行ってくれます。地域の皆様が安心して快適に暮らせるように衛生害虫の駆除を頑張ってくれる頼もしい業者です。

福井市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

住宅内には様々な虫が入り込み、時には人・ペット・家財に深刻な被害を与えます。特に、直接人が被害を受けやすいのがダニ・ノミ・南京虫(トコジラミ)でしょう。これらの虫は、衛生害虫と呼ばれ人を刺して血を吸う習性があります。患部は腫れてしまい、我慢できないほどの痒みを伴います。人によっては長期間、痒みに苦しむこともあります。薬で治まりはしますが、根本的な原因であるダニやノミを駆除したいと思う方が多いのではないでしょうか。衛生害虫の発生・繁殖を防ぐための対策としては、日頃から住宅内を掃除することが有効です。特に、カーペットや絨毯にはダニやノミの成虫が潜んでいるだけではなく卵が産み落とされているかもしれません。掃除機でしっかりと吸い取らなければ、卵が孵化して繁殖してしまうでしょう。また、布団や枕などの寝具、衣服を清潔にすることも対策になります。しかし、掃除や洗濯を徹底していても、発生してしまうことがあるダニやノミ。被害に遭う確率をより低くするためには定期的な駆除がおすすめです。特に、お住まいの地域の気候を駆除のサイクルの目安にするといいでしょう。ダニ・ノミ・南京虫(トコジラミ)は、気温が高くて湿気も多い時期が最も繁殖しやすいです。では、福井市の気候と照らしあわせてみましょう。福井市の高温多湿期間は、6月から9月の122日間。北陸地方の周辺地域と同じ日数です。また、2010年のデータによると、福井市が梅雨入りしたのは6月13日頃。梅雨明けしたのは7月17日頃となっており、梅雨時期の降水量平年比は92%です。梅雨が訪れるとともに、気温が高くなるだけではなく室内の湿度も高くなることでしょう。そして、ダニやノミといった衛生害虫が活動しやすい環境となるのです。梅雨が訪れる6月からは掃除をするだけではなく、月に1度は衛生害虫の駆除を行いましょう。薬剤による駆除は成虫には効果があっても卵には効果を発揮しないことがあります。卵が孵化すれば再び繁殖してしまいますので、その対策として定期的な駆除が有効なのです。福井市にお住まいの方は、6月から9月にかけて月に1度、衛生害虫の駆除を実施するといいでしょう。涼しくなってから油断せずにも2ヶ月に1度は駆除を行い、夏の衛生害虫増殖を防ぎましょう。定期的な駆除が面倒、どの種類の虫がいるのか分からず、どうしたらいいのか分からないなどお困りであれば、衛生害虫の駆除を行っている業者の利用を検討してみてはいかがでしょうか。