ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 最新情報・レポート > 段ボールにダニがいる!?古い段ボールはすぐに捨てたほうがよい理由

最新情報・レポート

衛生害虫駆除に関する新しい情報等をレポートいたします。駆除や被害対策に関することなどご参考までにご覧ください。

段ボールにダニがいる!?古い段ボールはすぐに捨てたほうがよい理由

段ボールにダニがいる!?古い段ボールはすぐに捨てたほうがよい理由

 

引っ越しや宅配便で大きめの段ボールがあると、収納に使えるからと保管しておくことがありますよね。また、実際に段ボールに使わないものや衣類をいれて、押し入れや物置部屋に保管している家庭も少なくないと思います。

 

しかし、使っている段ボールにダニが発生しているおそれがあります。段ボールはダニにとって、繁殖しやすい環境のためとても危険です。ダニはどうして段ボールを好むのでしょうか?段ボールにダニが発生する理由と、その駆除方法をご紹介します。

 

 

段ボールはダニが好む環境。放置していては危険です!

段ボールはダニが好む環境の条件を満たした、ダニにとっての良好物件です。どうして段ボールはダニが好む環境なのでしょうか?その理由と段ボールの危険性を紹介します。

 

ダニが好む環境とは

ダニの主な生息地は「高温」「多湿」「狭いところ」があげられます。これらの条件がそろっている段ボールは、ダニにとって最高な環境です。段ボールに物を入れて、押し入れや物置部屋にしまっている人は注意が必要です。

 

使わなくなった食器や季節外の衣類を入れ替えるとき、きれいな段ボールにしまう人は多いでしょう。しかし、一見ホコリのかぶっていない、きれいな段ボールでも、ダニが住みついているおそれがあります。

 

押し入れなどにしまっている場合は、段ボールが押し入れの湿気を吸ってしまうので、注意が必要です。

 

とくに古い段ボールは危険!

古い段ボールは、ホコリやカビがつきやすく、ダニにとって最高の環境です。ダニはホコリやカビを食べているため、押し入れにしまってある古い段ボールにはダニが潜んでいる場合が多いでしょう。

 

段ボールは湿気も吸いやすいため、押し入れや物置部屋など湿気のたまりやすい場所に置いている場合は、ダニが繁殖しやすくなっています。段ボールに衣類をしまっている場合はとくに危険です。

 

衣類が入っている場合は、通常よりも保温性が高まっているため、ダニが繁殖しやすくなってしまいます。衣類をしまう場合は段ボールではなく、衣装ケースやアクリルボックスに入れての保管がおすすめです。

 

段ボールはゴキブリにとっても好ましい場所

段ボールはダニだけではなく、ゴキブリにとっても好ましい環境なのはご存じでしょうか。段ボールの中身が出てしまわないようにガムテープで止めたり、底が抜けないようにガムテープで補強する人は多いですよね。

 

じつは、ガムテープなどに使われているコーンスターチという接着剤がゴキブリのエサになってしまいます。ゴキブリは雑食性のため、なんでも食べます。段ボールに住みついているダニもエサになってしまうので、段ボールの保管はおすすめできません。

 

使用した段ボールはすぐに捨てる!これ基本中の基本です

使用した段ボールはすぐに捨てる!これ基本中の基本です

 

使用した段ボールを、「物を収納するのに使えるから」という理由でとっておく人も多いと思います。しかし、宅配などで届いた段ボールは、保管されていた時点で衛生面に問題がある場合が多く、すでにダニが潜んでいるおそれがあります。

 

ダニの繁殖を防ぐために、使用した段ボールはすぐに処分するとよいでしょう。お子さんのいる家庭の場合は、お子さんがダニまみれの段ボールで遊んでしまわないように注意してください。

 

新品の段ボールを購入しても、ダニは繁殖してしまいます。長期間の保管を考えている場合は、段ボールではなく、アクリルボックスやほかの収納ボックスを利用するとよいでしょう。

 

使わない段ボールや使用済みの段ボールは、早めの処分がおすすめです。

 

段ボールを所持するなら、ダニを発生させないよう対策を

読者のなかには「どうしても段ボールを保管したい!」という人もいらっしゃると思います。そこで、ダニを発生させない段ボールの保管方法を紹介します。

 

きれいな状態の段ボールを、適切な場所で保管する

ダニは温度が高く湿気の多いところを好みます。湿気の少ない場所に保管することによって、段ボールにダニを住みつかせないようにすることができます。押し入れや通気性の悪い倉庫などに置いてしまうと、あっという間にダニの住処になってしまいます。

 

ダニを発生させないためにも、段ボールは湿気の少ない場所でしっかり保管しておきましょう。

 

段ボールを余らせないよう工夫する

使わない段ボールを、「もしものため」と取っておくのではなく、使う分だけ保管するようにしましょう。

 

現在、自宅で使っている段ボールが古くなったときは、新しい段ボールに入れ替えると、ダニの発生を少しでも抑えることができますよ。

 

段ボールだけじゃない!あらゆる場所に発生するダニ。駆除方法は?

段ボールだけじゃない!あらゆる場所に発生するダニ。駆除方法は?

 

段ボールだけがダニの生息地ではありません。段ボール以外にも、日常的に使うマットレスや布団などにもダニは発生します。

 

ダニに熱を加えて死滅させる

段ボール以外にダニが発生する場所は、寝具や衣類、絨毯などです。日常的に使うもののなかにダニがいる場合は、早急にダニを駆除したいですよね。多湿高温を好むダニですが、ダニは熱に弱く、家庭でも駆除ができる場合があります。

 

家庭での駆除方法は、アイロンや電気カーペットなどを使い、60度以上の熱を加えることです。電気毛布や電気カーペットの場合は、温度調節部分にダニを駆除するマークがついているものが多くあります。

 

電気カーペットなどを使って駆除する場合は、ダニを駆除する温度まで調節するとよいでしょう。しかし、気づかないうちにダニが発生していると思うと、ダニの駆除に限界を感じてしまうこともありますよね。

 

ダニをしっかり駆除するにはどうしたらいいのでしょうか。

 

ダニ駆除に関するお困りごとはプロに相談を

ダニの駆除で困ってしまった場合は、プロに相談しましょう。業者にダニの駆除を依頼する際は、害虫駆除にあたります。害虫駆除の依頼でも見積もりをとることができるので、いくつかの業者から見積もりをとりましょう。

 

業者に見積もりをとった際、項目のなかに「一式」という表記がある場合は、業者にどういった内容なのかを聞いてみましょう。業者を選ぶ際は、見積もり料金で選ぶのもおすすめですが、よりよい業者選びをする際は、業者の対応をみてみましょう。

 

見積もりをしている際、わからないことや、ダニ対策をする場合の相談をすることができます。質問や相談をした際、丁寧でわかりやすい受け答えをしている業者を選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

段ボールはダニの住処になりやすく、また使えるからと保管しておくのは危険です。ダニだけでなく、ゴキブリの巣にもなってしまうおそれもあり、ダニはゴキブリのエサになってしまいます。

 

ダニの発生を少しでも抑えるために、使用済みのダンボールは使わなくなったときに捨ててしまいましょう。もし、使わないものを保管する場合は、段ボールではなくアクリルボックスなどに入れましょう。

 

家庭でダニを駆除する場合は、アイロンや電気カーペットなどを使って熱を加えることで駆除できます。家庭での駆除が難しい場合は、業者に相談して、しっかり駆除してもらうことがおすすめです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0120-932-621