ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 最新情報・レポート > 本にダニのような小さな虫が!そのままにすると危険?駆除方法も解説

最新情報・レポート

衛生害虫駆除に関する新しい情報等をレポートいたします。駆除や被害対策に関することなどご参考までにご覧ください。

本にダニのような小さな虫が!そのままにすると危険?駆除方法も解説

本にダニのような小さな虫が!そのままにすると危険?駆除方法も解説

久しぶりに本を読んでみようと手に取ったら、「えっ?本に何かついている!」「小さな虫だけど、これはダニ?」という経験をしたことがある方はいませんか。よくわからない虫を本についたままにしておくのは嫌ですよね。

今回はそんな方のために、本についた虫の正体や本に虫がついてしまう原因についてご紹介します。また、本についている虫の駆除の仕方や今後、虫がつかないように予防する方法もご紹介します。

本にダニがいる……?その虫の正体とは

本についている虫をダニだと思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、本についている虫はダニではないことがほとんどです。なぜなら、ダニは人間の目で確認できるほど大きな虫ではないため、「本に虫がいる……。」と認識できている時点でほかの虫である可能性が高いからです。

基本的に家の中で発生するダニは、「ヤケヒョウダニ」や「コケヒョウダニ」などのチリダニに分類されるダニがほとんどです。チリダニは、体長が約0.3mm前後しかないため、人間の目で目視することは不可能なのです。

では、本についている虫が一体どういった虫であるのか、以下にご紹介します。

【本につく虫1】チャタテムシ

チャタテムシはチリダニよりも大きく、成虫で体長1mmほどの大きさです。チャタテムシは、カビやホコリのある高温多湿な場所を好むため、古本などにつくことがあります。また、チャタテムシの先祖はなんとシラミの仲間です。そのため、別名「本シラミ」と呼ばれることもあります。

【本につく虫2】シミ

1cmほどの体長で平べったく3本の長い尾と触角があるのが特徴で、魚のようにクネクネと素早く動きます。その様子から漢字では「紙魚」と書いてシミと読みます。このシミは昆虫の中でかなり寿命が長いほうの仲間に入り、寿命は7~8年です。何も食べなくても10カ月~1年は生きると言われています。

好物は本の装丁や掛け軸、障子についているのりとなっています。また、砂糖やほこり、髪の毛やフケ、虫の死骸なども好むようです。

【本につく虫3】シバンムシ

2mmほどの大きさでメスのカブトムシを小さくしたような形をしています。家の建材を食べる種類の虫で、カチカチという音を鳴らすのが特徴です。その音が死を予報する音のように感じるため、「死番虫」と書きます。シバンムシは世界中に生息していることがわかっています。

日本では貯蔵食品を食べてしまう、タバコシバンムシとジンサンシバンムシが問題となっているのです。2種類とも暖かい地域にいる虫で毒性はなく、噛んだり刺したりしてきませんが、乾燥植物のものはほぼすべて食べてしまいます。

この2種類の虫の違いは何なのかというとタバコシバンムシは畳に害を加えますが、建具や本には害を与えません。その反対にジンサンシバンムシは、畳には害を加えずに建具や本に害を加えます。このことから、本についているのを見かけたら、ジンサンシバンムシの可能性が高いでしょう。

本にわく虫をそのままにする危険性

本にわく虫をそのままにする危険性

本についている虫を触りたくないからと言って、そのまま放置しているとさまざまな被害が起こるおそれがあります。本にわく虫を放置した場合に起こる被害は、以下のとおりです。

清潔が保てない

先ほど紹介したチャタテムシをはじめ、シミやジバンムシは人を刺して痒ゆみの原因をつくることはありません。そして血を吸って感染症を引き起こすということもありません。しかし、この虫の死骸がアレルゲンになってアレルギーを引き起こすということが考えられるのです。

そのため、本にわいた虫をそのままにすると、虫の死骸やアレルゲンによって清潔が保てなくなってしまうおそれがあります。また、チャタテムシが増殖すると、チャタテムシを食べるツメダニが発生する原因にもなります。ツメダニの被害については、次でご説明いたします。

ツメダニが発生する危険性

ツメダニの体長は0.3mm~1mmどの大きさで畳やカーペットに生息していることが多いです。梅雨の時期や秋に増殖するダニで8~9月が一番多くなります。また、ツメダニは人を刺すという特徴をもっているため、体を数か所まとめて刺すことが多く、刺されてから数時間後に痒みを発症します。

駆除する方法

本に虫がわいてしまったら、ガムテープやコロコロでくっつけると簡単に駆除することができます。直接潰すことが苦手な場合は、市販の殺虫スプレーや燻煙剤を使うのも駆除する方法のひとつです。

ほかに駆除する方法として、ビニール袋の中に虫がついている本をすべて入れて、衣類用の防虫剤と一緒に数か月放置するという方法もあります。このときピレスロイド系の薬剤だと殺虫効果があるだけでなく、虫を寄せつけない防虫効果もあるのでおすすめします。

駆除の際の注意点

本にわいた虫を駆除するときに、掃除機を使うのは危険です。掃除機で吸い込んでそのまま放置すると、掃除機自体がチャタテムシの温床になってしまうおそれがあるためです。

それだけでなく、吸ったとしても掃除機の排気口からチャタテムシやツメダニが出てきてしまって逆に増殖範囲を広げるおそれがあります。駆除したいのに広げてしまっては意味がありませんので、掃除機は使わないようにしましょう。

虫から本を守る予防策

虫から本を守る予防策

ここまで本についた虫の対処法についてご紹介してきましたが、まずは本に虫がつかないように予防したいですよね。ここからは、虫から本を守る予防策についてご紹介いたします。

虫が好む環境をつくらない

虫は、薄暗い場所や湿度の高い場所、風通しの悪い場所を好みます。そのため、普段から窓を開けて換気をしたり、虫が大好きなちりやほこりを定期的に掃除したりするようにしましょう。

ダンボールや紙類、古本などは湿気を含んで暖かくなるので、虫にとって都合の良い住処になります。置きっぱなしにせずに、早めに処分しておきましょう。

本は扉のある棚にしまう

本を扉のある棚にしまうことで、ほこりから本を守り虫が寄りつかなくなるでしょう。このとき、防虫シートなどを敷くなどや防虫剤を棚に置くとより虫の侵入を防ぐことができます。

本につく虫はしつこい!困ったらプロに相談

ここまで虫が本についた場合の対処の仕方をお話してきましたが、自分の力ではどうしようもないくらい虫が発生してしまった場合は、害虫駆除の専門の業者へ相談してみましょう。事前見積もりが無料のところもあり、24時間365日対応してくれる業者もあります。害虫について知り尽くしている専門の業者にお願いすれば、確実に駆除できるので安心ですね。

まとめ

今回は本につきやすい虫について説明してきましたが本についている虫はダニではないことがわかりました。しかし、放置することでダニが発生する原因となったり、清潔を保てなくなったりとさまざまな被害があるのです。部屋を掃除したり換気したりして、できるだけして虫を発生させないことが重要ですが、発生した場合は、体に害が及ぶ前にすぐに駆除しましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 2.00 )
Loading...
0120-932-621