ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 高松市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

高松市対応の弊社加盟店のご紹介

エコニュース(econewz)
これから暖かくなってくると、衛生害虫が活発に活動をし始める時期になります。衛生害虫は人間が食す食べ物以外にも、色々な物を食べて生存しています。人間の髪の毛や、唾液等も餌にするので、大変生命力が強いです。衛生害虫のノミやダニ等は、刺されると刺された部分が腫れたり、激しい痒みが発生したりする恐れがあります。衛生害虫でお困りの際には、駆除業者に依頼するのも1つの方法です。業者にお願いする事で、衛生害虫による健康被害を気にしなくて済みますし、確実に駆除してくれますよ。香川県の高松エリアにある「エコニュース(econewz)」と言う会社は、衛生害虫を駆除してくれる会社です。お客様目線で親身になって対応してもらえるので、生活でお困り事があれば安心して相談する事ができるでしょう。

高松市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

香川県高松市はとても温暖な気候であり、フェーン現象などの影響により猛暑日や熱帯夜が続く事もある地域です。雨量は少なく、降水量の少なさでは全国トップ10に入るほどだと言われております。そんな高松市ですが、他にも市民の方々にとっては好ましくない特徴があります。それは、黄砂による被害です。冬場から春ごろにかけて中国大陸から黄砂が舞ってきてしまう事があり、観測頻度も珍しい現象ではないほどです。そんな悩みを持つ高松市ですが、注意しなければいけないのは黄砂だけではありません。黄砂と一緒に風に舞い、ノミやダニ、南京虫(トコジラミ)が室内に侵入してしまう可能性もあるのです。このような衛生害虫は、元々自身での移動を得意としておらず、何かしらに付着して室内に侵入する傾向があります。その付着対象は人や物、ペットはもちろんの事、砂やホコリにも数多くの衛生害虫が付着している場合があります。そのため、一度これらが室内に侵入してしまえば、気温と湿度が高い5月から9月頃には大量繁殖してしまう可能性もあるのです。ノミやダニ、南京虫(トコジラミ)はこれらの期間に活動を活発化させ、具体的には気温30度前後、湿度60%以上の環境を好むと言われております。種類によっては目に見える物もおりますので、確認できる物であれば駆除を行う事も容易ではありますが、もちろん肉眼で確認できない種類も多数存在しております。また、一度大量繁殖してしまえば目視による確認の有無にかかわらず、駆除する事は難しくなってしまうでしょう。なぜなら、衛生害虫は1匹や2匹だけでも数十匹、数千匹となる数まで繁殖してしまいますので、徹底的な駆除が行えなければ結果として多くの害虫が住み着いてしまう事になります。有効的な対策としましては、こまめに掃除機をかける事も良い方法となります。他にも、このような害虫は乾燥した環境では生きていく事ができませんので、布団やカーペット、衣類などは乾燥器に掛けたり、ドライヤーをあてる事で駆除する事ができます。その後死骸をしっかりと処理することも重要な項目となるでしょう。しかし個人で行える方法では限度があり、環境問題なども考慮すると高い効果を期待する事が出来ないのも事実です。これらの行為を継続的に毎日行う事も難しいと思われますので、そんなときは業者の方などに害虫駆除の依頼をし、ご自身の負担を軽減させつつも安心する事の出来る生活環境へと改善を望まれてみてはいかがでしょうか。業者の方しか行えない品質の高いサービスを行って頂き、ご家族の安全を守る事は最も有効的な方法の1つとなるでしょう。