ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 鹿児島市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

鹿児島市対応の弊社加盟店のご紹介

鹿児島市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

鹿児島県の県庁所在地である鹿児島市は九州の南部地方に位置している市であり、総人口数は約600,000人の市です。気候が暖かく、雨の日が多い太平洋側気候を示しています。1年間の平均気温は約18度前後であり、真夏日が約80日前後、夏日は約160日前後続くこともあります。鹿児島市を含む鹿児島県は年間の降水量が約2,840mmということもあり、2012年には168%の降水量を記録しているので全都道府県の中で降水量が非常に多いことがわかります。梅雨の時期は特に降水量が増え、高温多湿になります。雨が降り、高温多湿になると、とあることに悩まされてしまいます。それは高温多湿な環境が好きな「衛生害虫」による被害です。衛生害虫に含まれる害虫というのはノミ・ダニ・南京虫(トコジラミ)です。その中で「ノミ」による被害はどんなものかはご存知でしょうか?ノミは人間・犬や猫に寄生し、宿主を刺して血を好んで吸います。人間がノミに刺されやすい場所は主に足回りでしょう。ノミには羽が無いので飛ぶことはないのですが、30cm程飛び跳ねることもあるので人間の足の膝下によく寄生するようです。ですので、足回りを刺されてしまうことが多いのです。刺されたことによる主な被害は「痒み」でしょう。蚊に刺されたことによる痒みとは違うので、蚊に刺されたことで使う塗り薬は効かないそうです。皮膚科でノミ刺され用の塗り薬を貰って塗ると効くそうです。また、犬や猫にも寄生してしまいます。犬や猫に生えている大量の毛の中に潜み、人間にするのと同じように血を吸います。血を吸われると人間と同じように痒くなるので、犬・猫はその激しい痒みによって精神的ストレスを受けてしまいます。一匹のノミに吸われる血の量は少ないのですが、大量のノミに寄生されてしまい、その大量のノミに血を吸われてしまうと子犬や子猫の場合は貧血をおこす危険性があるのです。刺された箇所を掻きむしり、キズになってしまうとそのキズの中に細菌が入り込んでしまい、化膿してしまうこともあります。ノミの幼虫が寄生虫の「サナダムシ」の卵を食べ、ノミの中でサナダムシが発育します。犬・猫がグルーミングという行為によってそのノミを食べてしまい、よってサナダムシが犬・猫の小腸に寄生してしまうこともあるのです。そんなノミを含むダニ・南京虫(トコジラミ)などの衛生害虫は駆除することをおススメしますが、市販の害虫駆除グッズでは完全に駆除出来ないこともあります。ですので、完全に駆除するには害虫駆除業者に依頼をするのが一番ではないでしょうか。