ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 神戸市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

神戸市対応の弊社加盟店のご紹介

株式会社パルテールコーポレーション
ダニやトコジラミ、ノミなどがもしお家の中にいるとしたら、気持ち悪いうえに、皮膚炎やアレルギーなど、自分達の体にどんな影響が生じるのか心配になるのではないでしょうか。これらの衛生害虫はとても小さいために普段の掃除でも見つけることが難しいことや、増殖のスピードが速いことから、対策が難しいと言えます。そのようなときは、衛生害虫駆除を普段からサービスとして提供している業者に相談してみましょう。神戸市の「株式会社パルテールコーポレーション」も、衛生害虫駆除に強いことで地域の方々から知られています。衛生害虫の駆除はやり方を間違えると、駆除が困難になるだけでなく、体や住居にもダメージを与えかねません。早さと正確さを求めるのでしたら、やはり業者に依頼するのが賢明だと言えるでしょう。
合資会社トゥーエイト
刺されると怖くて、大量発生する衛生害虫といえば、ダニやノミを連想されるのではないでしょうか。ダニもノミも人を刺します。刺された箇所はたちまちひどく痒くなり、赤く腫れあがってきます。ひどいときは病院を受診しなくてはならないケースもあり、注意が必要です。ダニやノミへの対策は、やはり見つけたら駆除、そして日頃から予防することが有効とされています。神戸市の「合資会社トゥーエイト」は、ダニやノミをはじめとした衛生害虫の駆除や予防を行っています。毎日の掃除だけではちょっと不安が残る、という場合は、一度予防についてなど、知識や実績が豊富にある業者に相談してみるのはいかがでしょうか。

神戸市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

神戸市の地形は東西に細長い特徴があります。といいますのも、市の中北部には六甲山を筆頭に高山・名山がそびえており、山と海の境となる、南部の沿岸部分が可住域となるのです。そのため、市内の人口の多くは沿岸地域に集まっており、神戸市は港と共に発展してきた都市と言えるのではないでしょうか。そのため、港から海運貨物だけでなく、湿度も流れ込むことから、市内では湿度が上がりがち。6月の平均相対湿度は74%にもなり、高気温と伴って、非常に蒸し暑い時期となります。高湿度・高気温となれば、怖いのが衛生害虫ですよね。衛生害虫とはダニ・ノミ・南京虫(トコジラミ)などが主で、人に危害を与える虫が殆どです。ノミやダニは高湿度・高気温で繁殖し、南京虫(トコジラミ)は夏季の観光客や貨物などに紛れて吸血被害を及ぼします。そのため、神戸市では夏季の衛生害虫対策が特に重要になるでしょう。衛生害虫対策として有効なのが清掃です。衛生害虫の中でも繁殖数が多いヒョウダニは、人の血を吸わず、主に人間の汗や髪の毛などをエサにします。このヒョウダニを捕食する種類としてツメダニがあり、このツメダニが人を刺すことで「痒み」などの代表的な衛生害虫被害を生じさせるのです。つまり、ゴミや老廃物をエサにするヒョウダニを減らすことで、ヒョウダニを食べて増えるツメダニを減らすことにも繋がるでしょう。清掃の他にも有効な手として、温度湿度対策が挙げられます。つまり、高湿度・高気温を好む衛生害虫ですから、この湿度や温度を下げることができれば、繁殖のリスクを減らすことが可能です。具体的には除湿器やエアコンなどで湿度や温度を下げる方法が有効です。目安としましては、湿度60%以下、湿度20度以下が繁殖のリスクを減らす条件となります。衛生害虫のエサを取り除く清掃を行い、湿度と気温を下げることで、衛生害虫の繁殖リスクを大幅に減らすことができるでしょう。しかし、繁殖リスクを減らしたといっても、すでに生まれている衛生害虫や屋外から持ち込まれる衛生害虫に対して被害を防ぎきることはできません。そのため、今いる衛生害虫による被害を未然に防ぐために、衛生害虫駆除を行うことも有効になります。具体的には、スプレータイプや煙タイプの衛生害虫用駆除薬剤を使って、計画的に駆除を行う必要があります。衛生害虫の多くは1回の駆除薬剤使用で全てを駆除するのは難しいためです。もちろん、今すぐに全てを駆除したいという方も少なくないかと思います。全てとは言いませんが、衛生害虫駆除業者は駆除効率の非常に高い方法を採ることができますので、被害を一刻も早く止めたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。

衛生害虫110番の神戸市地域における対応エリアについて

  • 神戸市東灘区
  • 神戸市灘区
  • 神戸市兵庫区
  • 神戸市長田区
  • 神戸市須磨区
  • 神戸市垂水区
  • 神戸市北区
  • 神戸市中央区
  • 神戸市西区