ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 宮崎市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

宮崎市対応の弊社加盟店のご紹介

ニッカン
皆様がお住まいのお家はくつろぐ空間ですが、そのくつろぐ空間を台無しにしてしまう存在があります。それは衛生害虫です。衛生害虫と一口に言いますがノミ、ダニ、トコジラミと、多くの衛生害虫が存在しています。それらの衛生害虫の被害というのは痒みではないでしょうか。これらの衛生害虫は動物と人間の血を栄養源としており、血を吸われてしまうと蚊に血を吸われたときと比べ物にならないくらいの痒みに悩まされてしまうことがあります。そんな衛生害虫を個人の力でお家の中にいる全ての衛生害虫を駆除するのは不可能に近いでしょう。ですので、そんなときは宮崎県で衛生害虫駆除で活躍をしている「ニッカン」がお力になってくれるでしょう。

宮崎市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

宮崎県の県庁所在地である宮崎市は、九州・沖縄地方では長崎市の次の7番目に人口が多い市です。1998年から中核市に指定されており、総人口数は約402,550人ほどとなっております。そんな宮崎市の気候ですが、1年の平均気温は約18度前後、年間の降水量は約2,000mmであり、年によっては3,000mmを越えることもあるので水準が極めて多いところでもあります。5月の下旬から7月上旬にかけて梅雨になり、梅雨の末期には大雨の日が続くこともあります。熱帯夜が続くこともそれほどなく、九州の中では夏の暑さは比較的穏やかな方なのです。しかし、梅雨の時期を含めて雨が降ることの多い市ですので、その雨によってとある被害に悩まされることがあるのです。それは「害虫」の被害によるものです。害虫と一口にいっても様々な害虫がいるのですが、「衛生害虫」という害虫の被害が厄介なのです。衛生害虫は高温多湿な環境を好み、梅雨のジメジメした時期に頻繁に発生します。衛生害虫に含まれている害虫は「ノミ」「ダニ」「南京虫(トコジラミ)」といったところでしょう。その中でも厄介なのが「南京虫(トコジラミ)」なのです。南京虫は戦時中に多く発生していたのですが、戦後の大規模な駆除により1回は絶滅しました。ですが最近、オーストラリアやアメリカでも発生しており、被害に悩まされています。日本でも最近になって再び被害に悩まされているのですが、絶滅したはずの南京虫が何故また発生しているのでしょうか。それは、日本人が海外に旅行をしにいって宿泊施設に泊まった際にその宿泊施設の部屋に潜んでいる南京虫が荷物の中に入り込んでしまい、それに気づかずに日本に持ち帰ってしまい被害に遭ってしまうということがあるのです。逆に、外国からの旅行者の荷物の中に南京虫が入り込んでおり、その結果日本に南京虫を持ち込んでしまうということもあります。南京虫は動物の血液を栄養源としており、人間の血液も栄養としております。南京虫に刺されてしまうと、刺された箇所が激しい痒みや腫れといった症状に襲われます。南京虫は市販の衛生害虫駆除剤に対して強い耐性を持っており、個人では簡単に駆除することが出来ません。ですので、完全に駆除してもらうには「ノミ」「ダニ」等といった害虫を駆除してくれる業者に依頼をするのが一番ではないでしょうか。そういった業者が使用している害虫駆除剤は市販の物より強力かつ安全であり、害虫を駆除してもらう際には頼りになるでしょう。