ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 長崎市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

長崎市対応の弊社加盟店のご紹介

便利屋タスケ
ダニやノミは目視で発見するのがが難しい衛生害虫です。そして住宅に生息する非常に身近で厄介な存在でもあります。ダニは主に高温多湿な環境を好み、カーペットや寝具で繁殖します。人の髪の毛やアカを餌とするダニは、アレルギーの原因となるほか、ツメダニやイエダニの場合は刺されてしまうと腫れや痒みが伴います。安心して暮らすために、そんな厄介な衛生害虫駆除を行うのが「便利屋タスケ」です。この業者は長崎県で家庭にあらわれるダニやノミの駆除を行っています。こちらの業者のメリットは駆除後のこともしっかりと考えてくれることです。再度繁殖しないように徹底した駆除を行ってくれるので、長く安心して生活することが出来ます。迅速な駆除で暮らしをサポートしてくれる優良な業者なので頼れる存在となるでしょう。

長崎市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

九州地方に位置する長崎県は、東シナ海から流入する対馬海流の影響で、1年を通して寒暖差が少なく温暖なことが特徴です。しかし、梅雨時期には降水量も増え、高温多湿な傾向があり、長崎県の県庁所在地でもある長崎市でも気候の特性が顕著に見られます。主要都市である長崎市では、6月から7月に最も降水量が多く、気温も30度を上回ることが多いためじめじめした蒸し暑さを感じることが多いのではないでしょうか。このような高温多湿な環境では、熱中症問題も懸念されていますが、それ以外にも重要視しなければならない問題があります。それは、ダニやノミ、南京虫(トコジラミ)など衛生害虫の発生・繁殖です。ハチやゴキブリなど人間に被害をもたらす害虫の多くは夏期に活動が活発化する特性がありますが、これはダニやノミ、南京虫(トコジラミ)など目視確認できない衛生害虫も同様で、温かく湿気の多い時期に繁殖しやすいという特徴があります。特にどの家庭にも生息する屋内ダニの繁殖には注意が必要です。寝具やカーペットなど潜れる場所に生息する屋内ダニは、温度20~30度、湿度60~80%で活発化し、アレルギーや皮膚炎の原因となってしまいます。また、自宅でペットを飼育している家庭では、動物に寄生するノミの発生、繁殖が心配されます。屋内ダニであるイエダニやツメダニ、そしてノミはいずれも人を刺し、吸血するため繁殖してしまえば全身を刺されてしまうこともあります。また長崎市内では最近、一時期は姿を見せなくなった南京虫(トコジラミ)の被害報告も増えており、駆除を衛生害虫駆除を行う業者に依頼する家庭も多いようです。市販薬での駆除を繰り返したことが原因で、衛生害虫の生態に変化が起き始めており、駆除がさらに難しくなったため、長崎市内でも衛生害虫駆除を中心に行う業者の活躍が期待されています。正しい知識を持つ衛生害虫駆除業者は、衛生害虫を徹底的に駆除するための道具や薬剤を適切に使用し、アフターサービスにも対応してくれるので、長期的に安全性を維持してくれます。快適に生活するために今一度問題視されているダニやノミ、南京虫(トコジラミ)など衛生害虫について考え、心配な場合は業者に相談することが大切です。