ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 奈良県の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

奈良県対応の弊社加盟店のご紹介

エスアールロック
衛生害虫のなかでも、発生しやすいダニ。ダニは湿気やホコリが多い場所を好むとされています。日頃の掃除で住宅内をキレイにしていても、なかには見落としてしまっている箇所もあるのではないでしょうか。また、奈良県は湿度が高い地域ですので住宅内の湿度をコントロールするのも大変ではないでしょうか。万が一、虫刺されのような皮膚の腫れ、痒みといった症状がありましたら衛生害虫の存在を疑い、駆除をしましょう。奈良県での衛生害虫駆除に対応している企業のひとつが「エスアールロック」です。こちらの企業は創業以来、数多くの依頼に応えてきた実績があります。向上心が強く、レベルの高い駆除技術を身につけているのが強みと言えます。

奈良県の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

奈良県は概ね温暖な気候ですが、気温の差は激しく、夏は猛暑で冬は厳しく冷え込みます。また、気候の特徴の一つに、夏の雨量が非常に多くということがあります。7月から9月のおよそ3ヶ月間のみが高温多湿期間だと言われていますが、比較的雨が多い地域ですので、高温でなくても湿度は高くなっています。こうした雨の多い地域で気を付けなければならないのが、ノミやダニなどの衛生害虫の被害です。衛生害虫の多くが高温多湿の状態を好み、特に梅雨などの時期になるとその数をぐんと増やす傾向にあります。ノミやダニは一度侵入を許してしまうとそこから全て駆除するのは至難の業です。こうしたノミやダニは小さな子供やペットなどに寄生して吸血し、アレルギー性の皮膚炎を引き起こす原因となる恐れもあります。単なる痒みが起こったりするだけに留まれば良いのですが、近年ではマダニによる感染症で死に至るというケースも発生していますので、決して侮ることは出来ません。また、最近ではノミ、ダニ以外にもさらに厄介な害虫が問題になっています。それがトコジラミ、俗に言う南京虫です。戦後まもなく行われたDDT(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)と呼ばれる農薬散布が行われ、「トコジラミは壊滅状態になった」と言われていますが、昨今の外国人観光客の増加に伴い、海外から南京虫が持ち込まれるケースが増え、本来衛生状態の良好なホテルや旅館でも被害が拡大していると言われています。このような南京虫の中には薬剤の効かないスーパー南京虫と呼ばれるものもあり、薬剤を使って広く全体的に駆除することが出来ないために、地道に高熱スチームなどを利用した処理を行わなければならず、手間や費用をかけなければ駆除出来ないということで非常に問題視されています。強い南京虫にはさらに効き目の強い駆除剤を使用すれば良いのではないか?と考える方もいますが、強い薬剤は結果的に人間にも大変大きな負担がかかるため、強い薬剤を闇雲に使用することはおすすめできません。南京虫は光を極端に嫌がる習性があり、暗い場所でないと動き出さないということから、対策を練るべき場所を見極めるのも大変です。こうした南京虫の被害を少しでも軽減させるためには、こまめに掃除機をかける、洗濯をするなど、清潔を保つとことが重要になります。繁殖力が非常に強く、短期間であっという間に数を増やしてしまうのも、南京虫の恐ろしいところです。南京虫の被害が疑われる場合は必ず早めに処置を行いましょう。また、奈良県は気温・湿度ともに高い地域ですのでダニ・ノミの駆除や対策もしっかりと行いましょう。

衛生害虫110番の奈良県地域における対応エリアについて

  • 奈良市
  • 大和高田市
  • 天理市
  • 橿原市
  • 桜井市
  • 五條市
  • 御所市
  • 生駒市
  • 香芝市
  • 葛城市
  • 宇陀市