ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 佐賀市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

佐賀市対応の弊社加盟店のご紹介

佐賀市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

佐賀県の県庁所在地であり、県で最大の人口を擁する佐賀市。太平洋側気候に属しているため1年を通して比較的温暖なこの地域では、夏期に39度の猛暑日となることもあります。ですが、夏期には降水量も増え、市内全域が高温多湿な環境下であると言えます。温度や湿度が高くなることで私たち人間は過ごしにくくなりますが、逆にこのような環境を好むダニやノミ、南京虫(トコジラミ)などの衛生害虫には佐賀市のような気候が繁殖に適しているのです。ダニは、屋内ダニと屋外ダニに分けられますが、住居で繁殖する屋内ダニは、人を刺咬し、またアレルギーの原因となるため注意しなければなりません。温度20~30度、湿度60%以上で繁殖しやすい主な屋内ダニはチリダニやイエダニ、ツメダニ、イエササラダニなどが挙げられます。中でもツメダニやイエダニは人を刺し、吸血するため通常のチリダニよりも厄介です。ダニはもちろん目視で確認することが出来ないため、危機感を持つ人も少ないと思われますが、ダニは秋にかけて300倍に繁殖すると言われているので繁殖を防ぐための対策を行わなければなりません。また、佐賀市や県内では屋内ダニだけでなく、屋外ダニであるマダニにも注意が必要です。佐賀県内では昨年、ダニ媒介性疾患である重症熱性血小板減少症候群(通称SFTS)の症例が確認されており、注意喚起を促しています。マダニは屋内ダニと違い、森林や公園などの屋外で生息しますが、刺咬された場合、すぐに皮膚科で受診しなければこのような感染症にかかってしまう恐れがあり、マダニに刺され感染症を発症してしまった女性が死亡してしまったケースも報告されているので、屋外でも十分に注意しなければなりません。このようにダニやノミ、南京虫(トコジラミ)などの衛生害虫の繁殖を見逃すことで様々な被害を受けてしまうため、早期解決が大切です。しかし、個人で完全に駆除することは非常に難しく、市販の薬剤でも効果が薄まりつつあります。このような現場で活躍するのが衛生害虫駆除を行う業者です。豊富な知識と多くの駆除経験を活かし、的確な調査・駆除を行ってくれるので佐賀市内でも頼れる存在でしょう。梅雨時期から夏にかけては衛生害虫の繁殖力が増すので、繁殖時期に差し掛かる前に駆除業者に依頼しておくと安心です。もし、ダニの駆除法が分からずに悩んでいるのであれば衛生害虫の駆除を行う業者に一度相談してみてはいかがでしょうか。