ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 佐賀県の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

佐賀県対応の弊社加盟店のご紹介

ナンデンサービス千代田本部
佐賀県にある「ナンデンサービス千代田本部」は、衛生害虫の駆除から各種リフォーム業まで承っている会社です。無料でお見積もりを対応してもらえるので、初めての方にも安心して相談する事ができると評判です。
衛生害虫と言えば、ノミ・ダニ・トコジラミ等があげられます。ダニ等は湿気を多い環境を好みます。例えば天気が悪いからと言って洗濯物を部屋干しすると、カビの発生にも繋がりダニの大量発生を促す事にもなりかねません。悪天候等の理由で部屋の換気ができない場合は、エアコンの除湿機能等を使って部屋の湿度はなるべく60%以下になる様に心掛けましょう。これらの衛生害虫は、早期に発見して早めに駆除される事をお薦めします。衛生害虫駆除でお悩みの際には、しっかりと駆除をしてくれる業者に依頼される事をお薦めします。佐賀県にある「ナンデンサービス千代田本部」は、衛生害虫の駆除から各種リフォーム業まで承っている会社です。無料でお見積もりを対応してもらえるので、初めての方にも安心して相談する事ができると評判です。
衛生害虫と言えば、ノミ・ダニ・トコジラミ等があげられます。ダニ等は湿気を多い環境を好みます。例えば天気が悪いからと言って洗濯物を部屋干しすると、カビの発生にも繋がりダニの大量発生を促す事にもなりかねません。悪天候等の理由で部屋の換気ができない場合は、エアコンの除湿機能等を使って部屋の湿度はなるべく60%以下になる様に心掛けましょう。これらの衛生害虫は、早期に発見して早めに駆除される事をお薦めします。衛生害虫駆除でお悩みの際には、しっかりと駆除をしてくれる業者に依頼される事をお薦めします。

佐賀県の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

秋に増え始め問題に取り上げられるハウスダストアレルギーの原因は、高温多湿を好むダニの死骸です。このアレルゲン性を含むダニは、ノミや南京虫(トコジラミ)と同様に衛生害虫という人に害を与える害虫として分類されており、梅雨時期から夏にかけて繁殖力が増し始めます。特に、温暖な地域ではダニやノミ、南京虫(トコジラミ)の活動が活発化しやすく、1年を通して比較的気候が温暖である佐賀県でも注意が必要です。九州地方に位置する佐賀県は、冬期に冷え込むことが多いですが、太平洋側気候に属しているため、夏は暑さが厳しくなることが多い土地の一つです。降水量は地域によってばらついていますが、山間部や沿岸部は夏期の降水量が多い傾向にあります。温暖で降水量が多くなることで湿度も高まりますが、この気候がダニやノミ、また最近問題視され始めている南京虫(トコジラミ)に適しているのです。では、これらの衛生害虫の繁殖を防ぐためにはどのような対策を講じるべきなのでしょうか。温度20~30度、湿度60~80%を好む屋内ダニは、人刺咬性のダニとそうではないダニに分類されます。寝具やカーペットに多く、ハウスダストアレルギーの原因になりやすいコナヒョウダニやヤケヒョウダニは屋内ダニのほとんどを占めていますが、人刺咬性ではありません。しかし、畳などで夏期に繁殖しやすいツメダニは人を刺咬します。人刺咬性のダニや吸血性のダニは皮膚炎を引き起こすため、特に繁殖を未然に防ぐ必要がありますが、最近ではこれらのダニの駆除がさらに難しくなっているため、市販の薬剤の効果もあまり期待が出来なくなっています。また、ダニと同様に最近被害が相次いでいる衛生害虫が南京虫(トコジラミ)です。外国人観光客が持ち運び、宿泊施設などで被害が広まってしまった南京虫(トコジラミ)も、市販薬での駆除が非常に難しく、一般家庭でも被害報告が出始めています。ダニや南京虫(トコジラミ)は目視で捉えることが難しいということも駆除が困難な理由の一つですが、間違った知識でむやみに駆除を行ったことも原因となっています。しかし、衛生害虫駆除を行う業者は正しい知識のもとで駆除を行うため、被害を抑えることが出来ます。また、今後繁殖させないためのアドバイスや対策も行ってくれるので、佐賀県のように衛生害虫が生息しやすい気候でも非常に頼りになる存在です。個人で駆除が難しい衛生害虫ですが、豊富な知識を持つ駆除業者に一刻も早く依頼することが大切です。

衛生害虫110番の佐賀県地域における対応エリアについて

  • 佐賀市
  • 唐津市
  • 鳥栖市
  • 多久市
  • 伊万里市
  • 武雄市
  • 鹿島市
  • 小城市
  • 嬉野市
  • 神埼市