ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 鳥取県の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

鳥取県対応の弊社加盟店のご紹介

あずみ
近年再注目されている衛生害虫として、トコジラミが挙げられます。一時期は殺虫剤の普及によって日本からほとんど姿を消したトコジラミですが、海外とのつながりが強まるにつれて、荷物や体に付着したトコジラミが日本に持ち込まれるようになりました。さらに近年は薬剤耐性を身に着けたスーパーナンキンムシへの進化や、薬剤の変化などによって、急速に生息域を広げています。鳥取県にてトコジラミのような衛生害虫駆除を行っているのが「あずみ」です。トコジラミに限らず、衛生害虫は度重なる世代交代によって薬剤耐性を身に着ける可能性があります。「あずみ」は、そのような進化する衛生害虫たちと戦ってくれる頼りになる会社です。

鳥取県の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

鳥取県の高温多湿期間は6~9月辺りで、日数ですと122日程暑くて湿った環境の日となります。6月に入ると鳥取県でも梅雨の季節となりますが、同時にダニ・ノミ・南京虫(トコジラミ)などの衛生害虫が発生しやすくなります。これらの衛生害虫のほとんどは眼で確認できないほど小さいのであまり気にする機会は少ないですが、私達の生活や健康に悪影響な程の危害を加えてしまうのです。ダニは死んでしまうとホコリに紛れて体内に含まれたアレルゲンと一緒に人間の体内に侵入し、喘息やアレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患を引き起こしてしまいます。布団やカーペット、ソファーなどダニの食料ともいえるほこりや人間の皮膚が多い場所に何万匹と潜んでいるのですが、眼で確認できないほど体が小さいので駆除するのも難しいでしょう。ノミも眼で確認できないほど小さく、主に猫や犬などの動物に寄生して激しいかゆみを与えます。ノミは人間にも寄生することがあり、ノミの唾液がアレルゲンとなって痒みを引き起こします。また、ノミが媒体するバルトネラ菌が猫の爪などに付着すると、猫に引っかかれた際にリンパ節の炎症や発熱などが発生する危険も考えられます。これら2つの衛生害虫と違って辛うじて眼で確認できる程の大きさなのが、南京虫です。南京虫は吸血性の衛生害虫で、人間が寝ている間に吸血し、激しい痒みと蚊に刺された時以上の膨らみを与えてきます。南京虫の発生原因は海外の観光客と言われており、持ち物に寄生してそのまま日本へ付いてくるのです。外国人観光客が増加している今、南京虫による被害も増加しています。それは鳥取県でも例外ではなく、鳥取砂丘などの有名な観光地目当てで訪れた観光客と共に南京虫がやってくる恐れもあります。これら衛生害虫は駆除をしない限り数を増やし続け、大事な住まいが生活しにくい環境へ悪化してしまうでしょう。そんな時に頼りになるのがダニ・ノミ・南京虫(トコジラミ)の駆除を行ってくれる業者です。困難な衛生害虫の駆除を適切にしてくれますし、自身で行う必要もないので時間の節約にもなります。衛生害虫は梅雨の時期になると数が増えていきますので、梅雨の季節が訪れたら駆除を意識してみてはいかがでしょうか。

衛生害虫110番の鳥取県地域における対応エリアについて

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市