ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 山形市の衛生害虫(ノミ・ダニ・南京虫)の駆除サービス

山形市対応の弊社加盟店のご紹介

中央白蟻研究所
「中央白蟻研究所」では、皆様がより快適に日常生活を送ることができるよう最適の環境づくりを心掛け、長年にわたり害虫駆除を中心としたサービスを山形市内で提供し続けている企業です。害虫の中でもシロアリは、家屋に大きな被害を与える害虫として恐れられていますが、害虫はシロアリだけではありません。吸血性のあるイエダニやトコジラミなどの発生は、そこに住まう人々の健康に大きく影響する厄介な存在です。
こういった衛生害虫は、ちょっとしたことが原因で、急に大量発生してしまうこともあるかと思います。衛生害虫は日々の住まいに多くの被害・ストレスを与えてしまうため、快適な環境としていくためにも早急な駆除が必要です。「中央白蟻研究所」は皆様に貢献できる企業として高品質なサービスを提供しているため、発生の際には頼れる味方となってくれることでしょう。

山形市の高温多湿期間で活発活動する衛生害虫と対策

衛生害虫とは、人やペットなどに直接危害を加える虫などを合わせ示す総称ですが、その中でも身近に大量発生する被害がしばしば問題となっていのが、ダニやノミ、南京虫とも呼ばれるトコジラミなど、体が小さく血を吸われると激しい痒みを感じる種類の害虫です。これらの衛生害虫は多くの虫と同じように、基本的には温暖な環境を好みます。ですが、今やダニなどの発生と被害は全国各地で隈なく報告されており、冬の寒さが有名な東北地方にある山形市内でも、衛生害虫が発生しやすい環境に注意が必要となっています。ダニ、ノミといった衛生害虫が発生しやすい環境とは、先述のようにおおよそ20度以上の気温の高さがありますが、これと同時に湿度が60%から80%程と高い状態が重なると、多くの衛生害虫は急速に活動し始めます。山形市では冬場には最低気温が氷点下になることも多く、衛生害虫も生息しにくい状況が続きますが、逆に夏の時期になると、盆地である地形の影響もあって、過去には気温40度以上を記録したこともあるほどの猛暑に見舞われます。さらに近年では県の中心地としての都市化も進んだことによるヒートアイランド現象もあり、市内の各地で高温多湿の状況が見られるようになります。特に、住宅や宿泊施設の布団や絨毯などは温度と湿度が留まりやすく、身を潜める場所も豊富な上エサも人の行き来で持ち込まれることから、大量繁殖の温床となってしまいます。また、こうした発生の拡大は国内に元々生息していたダニやノミだけでなく、海外からの持ち込まれるトコジラミの繁殖にも影響しています。山形市には鋳物や将棋駒などの日本文化として特徴的な伝統工芸品もあることから外国人観光客が多く訪れますが、南京虫の別名が示す通り海外が原産地とされているトコジラミは、こうした海外からの訪問者が使用した宿泊施設などから 急速に繁殖することもあります。そうした衛生害虫の発生は早めに駆除を行わなければ複数の部屋に生息範囲が拡大することもあり、場合によっては人やペットなどを通じてさらに離れた場所へと拡散される拡散されることもあります。このため山形市の駆除業者では気温の上がり始める時期から依頼や相談の数が増えるようになり、多くの業者でも僅かな被害や異状を感じた時であっても、早めの対策や駆除を行うよう勧めているようです。