ノミ・ダニ・トコジラミ・南京虫駆除でお困りなら衛生害虫110番 TOP > 最新情報・レポート > ダニは布団にたくさんいます!被害にあったらすぐに駆除と対策を

最新情報・レポート

衛生害虫駆除に関する新しい情報等をレポートいたします。駆除や被害対策に関することなどご参考までにご覧ください。

ダニは布団にたくさんいます!被害にあったらすぐに駆除と対策を

ダニは布団にたくさんいます!被害にあったらすぐに駆除と対策を

 

皆さんは、数十万匹ものダニが寝具である布団の中にいるかもしれないということをご存じですか?ダニを放っておくと刺されたり、死骸やフンに触れたり吸い込んだりしてアレルギー反応をおこすこともあります。

 

毎日使う寝具である布団にそんなものがどんどんと繁殖していると、気持ち悪いですし身体への影響も気になります。しかし、キチンと対処することでダニの繁殖は防ぐことができます。今回は、そんな布団に繁殖しているダニへの対策と駆除方法をお伝えしたいと思います。

 

 

ダニが布団に発生!いますぐできる駆除法

ダニが布団に発生したとしても、いくつかの方法で駆除することができます。

 

天日干し

ダニの駆除と聞いて一番に天日干しを思い浮かべる人は多いと思います。しかし、実はこの天日干し、普通にやるだけではダニには効果が薄いのです。ダニは50度ほどの高温で死滅します。しかし、布団を干すだけでは、そこまで高温にはなりません。

 

そこで天日干しをするときに、黒い生地の布団干し袋が商品として販売されていますので、そちらに入れて干すことで熱を吸収しやすくなります。これにより布団内部の温度を上げることができ、ダニを退治する効果が高まります。

 

布団を天日干しするのは、上げたり下げたりひっくり返したりと面倒が多いです。天日干しするのは手間がかかり、体力がないお年寄りになると一人では困難な作業となります。

 

しかし、お年寄りは、免疫力が年を取るにつれて落ちていくため、布団内のダニなどのアレルギーが出やすくなるので、特に布団を清潔にしておくことが重要なのです。

 

天日干しは、ダニを駆除する効果はそれほど高くありませんが、定期的におこなうことでダニの繁殖を抑制する効果が期待できるでしょう。屋外に干すのが困難であれば、太陽の日差しが入り込む窓の際に立てかけておくことでも湿気などを取ってくれるので効果があるでしょう。

 

洗濯

最初に言ってしまうと、洗濯はダニの駆除にはそれほど効果が期待できません。仮に高温洗いをしたとしても布団内部のダニを駆除することは難しいです。むしろ布団の中の素材がダマになるなどして、触り心地などの使用感が大きく損なわれる可能性が高くあまりおすすめはできません。

 

ですが、シーツなどは洗濯することによってダニの繁殖を防ぐことはできますので、そういった部分の洗濯は定期的におこなうことをおすすめします。

 

スチームアイロン+掃除機

ダニを駆除する場合、熱で殺傷し死骸を吸い取ることが効果的です。そこでスチームアイロンを使って布団に対して熱処理をおこない、その後掃除機で吸い取ってしまうことで、非常に高い効果でダニを駆除することができます。

 

スチームアイロンと掃除機を使った効果的なダニの駆除方法の手順を説明したいと思います。

 

1.部屋を暗くする

ダニは薄暗い場所にいると活動が活発化します。そこで部屋を暗くした状態で布団を放置し、布団の表面にダニを誘導しましょう。放置時間はだいたい部屋を暗くしてから1時間ぐらいが目安です。

 

2.布団に当て布を当ててスチームアイロンを当てる

布団の生地が焦げるのを防止するため、固く絞った濡れタオルを当ててアイロンをかけましょう。アイロンの温度はアイロンの説明書か、布団のタグなどにある絵表示にある表記に合わせてください。

 

そうしてアイロンの温度を設定してから、アイロンをかけていきます。このときアイロン本体を当てていくというよりも、スチームを当てていくような感じで行っていってください。温度によってアイロンをかける時間は異なってきますが、とりあえずは5秒程度を目安におこなってみてください。

 

ダニは、温度の低いほうに逃げていくこともあるので、普段使用するときの布団の頭のほうから足のほうへ向かってアイロンをかけていくとよいでしょう。

 

3.掃除機で吸い取る

アイロンを当ててダニが死滅しても死骸やフン、ダニの卵などが布団に残っています。なので、そうしたものを掃除機で吸い取っていきます。しかし、ダニの死骸やフンなどは布団の繊維にからまったりすることで吸い取りづらいので、掃除機の使いかたにも工夫する必要が出てきます。

 

まず、ゆっくりと丁寧に掃除機をかける必要があります。1つの箇所に対して20秒程度かけて吸い取っていくぐらいの感覚でやっていきましょう。アイロンと同じように掃除機も頭から足のほうへ向かってかけていくと効果があるでしょう。

 

こうしてスチームアイロンで熱したあとに、掃除機で吸い取ることで効果的にダニを布団から駆除することができます。もしも、掃除機を使うさいに普通のノズルでは使いにくいと感じる場合は、布団掃除用の掃除機ヘッドのような商品が市販されていますのでそちらを使えば布団に掃除機をかけやすいので試してみましょう。

 

なぜダニは布団にいるの?

なぜダニは布団にいるの?

 

布団にいるダニはヒョウダニとツメダニ

布団の中にいるダニの代表格は、ヒョウダニとツメダニの2種類になります。ヒョウダニはアレルギーの原因となる物質を持っているダニであり、人間が生活している空間にはまず間違いなく存在しているといわれています。

 

ヒョウダニは一般的なダニのイメージとことなり、人を刺すことはありません。ですが、非常に繁殖しやすく、その繁殖数によっては人にアレルギー反応を引き起こさせる可能性が高いです。ヒョウダニの死骸や糞が空気中を漂い、咳やクシャミの原因になります。

 

ツメダニは、一般的なダニのイメージ通り、人を刺すダニです。家庭内での繁殖数こそそれほど多くないといわれていますが、とにかく刺すことから人の意識が向きやすく気になりやすいダニです。

 

ツメダニは湿度の高い場所に多く生息する傾向があり、夏から秋にかけて増加しやすいです。ツメダニは他のダニを食料とするので、このツメダニの繁殖を防ぐには、ほかのダニを繁殖させないようにする必要があります。

 

布団が好きな理由

ダニが布団に繁殖しやすいのは、高い湿度と暖かい温度、エサが確保しやすく住みかに適しているといった点にあります。布団は寝汗や体温の影響で湿気がたまりやすいです。そして布団に染み込んだ汗に、ダニの好物である皮脂やアカなどが含まれています。

 

そして繊維が密集している布団はダニとっては外敵から身を隠しやすい構造をしている絶好の隠れ家にもなります。このような理由からダニは布団を好み、住みかにしてしまうのです。

 

ダニ対策のポイントは2つ。繁殖を防ぐには

ダニを布団の中で繁殖させない最大のポイントは、掃除と除湿にあります。ダニは湿度が高く人間の皮脂やアカを多く得られる環境で繁殖します。なので、エサとなる汚れを除去して湿度の少ない環境にすることで繁殖を防ぐことができます。

 

ダニが繁殖しにくい環境を作るための簡単な方法を紹介していきます。

 

1.こまめに部屋を掃除する

布団以外にも、シーツやカーペット、カーテンなどにもダニは潜んでいます。掃除をせずにホコリや皮脂、アカなどのゴミがたまってしまい、いたるところでダニの繁殖を助けてしまいます。そういった事態を防ぐため、こまめに家全体を掃除することをおすすめします。

 

2.洗濯物の部屋干しを控える

部屋干しをおこなうとどうしても湿気が室内にたまってしまい、ダニの繁殖をうながしやすい環境になってしまいます。なので、なるだけ部屋干しを控え、室内の湿度が上がらないようにしましょう。

 

とはいっても、雨が多い梅雨の季節などは、部屋干しをおこなう機会も増えてしまいます。そんなときは、乾燥機やエアコンの除湿機能などを使って部屋全体を除湿するのがおすすめです。

 

3.押し入れやクローゼットの除湿をおこなう

閉めきった状態の押し入れやクローゼットは湿気がたまりやすい場所です。そのまま放置しておくとダニが中で繁殖するだけでなく、中にしまっている布団などにカビが発生する原因にもなってしまいます。

 

そこで、定期的に押し入れなどの扉を開けて、中を換気するようにしてください。押し入れやクローゼット全体に風を入れてあげることで、布団などの湿気を減らす効果があります。

 

布団のダニで困ったら…駆除専門のプロに相談しよう

布団のダニで困ったら…駆除専門のプロに相談しよう

 

色々と対策してみたけれどダニが布団などから減らず、自分だけではどうにもならないという状態になってしまう可能性もあると思います。そういった事態になった場合は、ダニ駆除の専門業者に依頼してみましょう。

 

ダニ駆除などの害虫駆除をおこなう業者に依頼する場合は、選び方も重要です。

 

1.保証期間を設定している

効果を保証する期間をキチンと設定している業者に依頼しましょう。保証が無い代わりに駆除費用が安いところもありますが、駆除をおこなってから短い期間のあいだにまたダニが発生してしまうと、またダニ駆除を依頼することになります。

 

そうなると結局、費用が高くなってしまいます。それならば、保証期間をしっかりと設けているところに依頼し、何かあったときにも保証期間内なら無料で施工してくれる業者に依頼したほうが安心感でしょう。

 

ちなみに、保証期間は一般的に1年~5年ぐらいで設定しているところが多いのでチェックしてみましょう。

 

2.調査報告書を出してくれる

ダニ駆除を依頼した場合、まずは駆除をするための事前準備として家の状態を調査します。これをおこなうことで駆除するダニの種類を特定し、駆除の方針を決めます。その調査報告と方針をしっかりと出し、素人にもわかりやすく説明してくれる業者が信頼できてオススメだと思われます。

 

3.内容が明確な見積りを提示してくれる

ダニ駆除業者にも悪徳業者が存在します。そのような業者に依頼してしまわないように、まずは見積りの段階で明確な内容を提示してくれるかどうかも業者を選ぶ判断の基準にしましょう。見積り内容の内訳が「ダニ駆除」などとあ

いまいな表記をしている場合は、注意が必要です。

 

ダニ駆除を依頼し、見積りをとるときは、ダニ駆除をおこなう範囲や作業の内容、使用する道具や薬剤などが明記された明細書を提示してもらうことをおすすめします。こうすれば複数の業者に見積りを出してもらった場合にも、判断がしやすいです。

 

まとめ

ダニが布団にたくさん潜んでおり、その繁殖したダニの対処についても説明してきましたが如何だったでしょうか?ダニを除去するもっとも効果的な方法は50度ほどの高温による熱処理です。

 

スチームアイロンでアイロンがけをしたのちに、ダニの死骸などを掃除機で吸い取ってしまうのがもっとも効果的です。また、布団の天日干しはダニの駆除自体には効果が薄いですが、ダニの繁殖を予防するには効果があります。

 

一般的に家庭に繁殖するダニはヒョウダニとツメダニの2種類があります。ヒョウダニはアレルギーの原因となりやすく非常に繁殖しやすいダニであり、ツメダニは人を刺してしまうダニです。

 

ダニが布団に繁殖しやすいのは、布団がダニの好む高温多湿であり、ダニの餌である皮脂やアカなどが非常に豊富で、ダニが外敵から身を守りやすい構造をしているためです。そのためダニが布団内部に繁殖するのを防ぐ一番の方法は、ダニの餌である汚れを掃除し、また湿度を下げることです。

 

そのため、こまめな部屋の掃除や除湿を心がけることによって、ダニの繁殖を防止することができます。しかし、様々な対策をしてもダニが減らない場合は、ダニ駆除の業者に依頼することをおすすめします。

 

布団のダニは人の健康を損なう危険性もあります。そのためしっかりと対策して清潔感のある生活を過ごせるようにしたいですね。

0120-932-621