ダニ対策・駆除方法

ダニを徹底的に駆除するためには、発生場所などに適した駆除用品の使用が重要です。このページでは、それぞれの対策方法の強みや駆除の仕方などをご紹介いたしますので、効率の良いダニの撃退法を選択することにお役立てください。

ダニの増殖抑制に効果的な方法

ダニの増殖スピードは驚異的

ダニは引越し先や外出先などから思いもよらない方法で入ってきます。初めは数十匹ほどであっても、放置しておくと、約10週間で1万匹を超える程に急増します。すなわち、ダニ駆除は付着したダニそのものを除去するだけでなく、増殖の原因を取り除き、ダニをシャットアウトすることがとても重要なのです。

湿度を下げることが最も有効な対処法

ダニの生息許容範囲は、室内の湿度が約60~80%になるジメジメとした場所です。55%を下回ると死滅するので、下記のような対処方法で住居環境における適度な乾きを維持するようにしましょう。

  • 1.天気の良い日には窓を開けて換気をする(風通しを良くする)
  • 2.除湿機の利用
  • 3.冬季に加湿器を過度に使用しない
布団にダニが多い理由

布団は適度な湿気があるだけでなく、エサとなる皮脂などが豊富にあるため、ダニの増殖に非常に適しています。防虫加工が施してあり、虫がつかないような布団もありますが、使用頻度によって効果は薄れてしまいます。布団のダニが原因であまりのかゆさに寝不足になるという被害も実際にあるため、被害原因への対策が最優先の箇所になるといえるでしょう。

熱はダニの大敵

50℃以上の熱によってダニを死滅させることができます。身の回りのものではドライヤーでの熱処理も問題解決の方法となりますが、20~30分以上熱風を当て続けないと効果が無いため、あまり現実的ではありません。また、UVライトの明かりで死滅させる商品もありますが、その効果が絶大なものであるかどうかはまだ定かではないのが現状です。そこで使用をオススメしたいのが布団乾燥機。天候に左右されず室内処理が可能ですし、ダニの生息条件に適さない環境を瞬時に作り出すことができます。緊急の場合は、ダニが通り抜けることが出来ないビニールシートを布団の上に敷くという方法もあります。

畳はダニにとって最高の居住環境

吸水性の高い畳でダニを増殖させないようにするためには、極力湿度を減らすように心がける必要があります。部屋の換気を欠かさないようにすることはもちろん、下記のような方法も吸水力のある畳のダニの増殖を抑えるのには有効です。

畳のダニ対策3つの心得

吸水性の高い畳でダニを増殖させないようにするためには、極力湿度を減らすように心がける必要があります。部屋の換気を欠かさないようにすることはもちろん、下記のような方法も吸水力のある畳のダニの増殖を抑えるのには有効です。

  • 1. 年2回(春と秋)に「畳干し」を行なう

    畳表が日焼けしないように、必ず畳の裏側を日光に向けるようにしましょう。

  • 2. 畳の上にカーペットやラグなどを敷かないようにする

    畳が吸収した湿気の発散を妨げる原因になります。

  • 3. 床暖房を導入する

    畳の奥に潜んでいるダニを完全に駆除することは難しいですが、床暖房があればその熱により表面に移動してくるため、掃除機で簡単に吸い取ることが出来ます。

ご家庭で使用可能なダニ駆除用品

市販されているダニ駆除用品は、使用場所の広さや用途などによって最適な種類は異なります。ここでは、ホームセンターなどでも購入が可能である「粘着テープ・シート」、「スプレー剤」、「燻煙剤」という3つのタイプのダニ駆除用品におけるそれぞれの特長などについてご説明いたします。

ダニ駆除における3種の比較

  粘着テープ・シート スプレー剤 燻煙剤
駆除イメージ
即効性 ×
範囲 ×
持続期間 ×
安全性
備考 誘引粘着シート(ダニ取りシート)やテープは、ダニが好むニオイのする誘引剤や粒剤でおびき寄せ、強力粘着剤にくっつけることで生きたまま捕獲するものです。粘着剤に吸湿セラミックを使っているものは、ダニの体の水分を拭き取ることで乾燥させる仕組みになっています。置くだけで簡単にトラップ(罠)をセットできる方法です。 さまざまな虫除け対策や虫撃退用として使われるスプレータイプのものは、畳などに散布することでいわゆるダニへのバリアを張る状態を作り、ダニを寄せ付けないようにします。同じスプレータイプのものでも消臭剤は、ダニのエサとなるカビ胞子を除菌することはできるので間接的な予防法にはなりますが、ダニそのものは減らないのでご注意ください。 殺虫効果のある煙タイプの薬剤を噴射する方法です。部屋の隅々まで薬剤成分が行き届くため、いくつかの部屋のダニを一度に駆除したいときにおすすめです。一人暮らしの方など、共同住宅にお住まいの場合には、同じように広範囲に薬剤を噴射するもので煙の出ない燻蒸タイプのものが適しているでしょう。
【即効性】
ダニの被害が現れる前にすぐに駆除したい場合には、即効性の高い薬剤が効果的です。
【範囲】
商品によってはレギュラーサイズやラージサイズというように大きさが分かれているものもありますので、部屋などの広さに合わせて選ぶことも可能です。
【持続期間】
持続期間が短い用品は数回繰り返して使用する必要があります。アイテムの持続期間によって、最終的にかかる駆除費用が左右されることがあるのです。
【安全性】
薬剤に触れる危険性がある用品は、正しい手順で使用しないと誤って身体に薬剤が降りかかってしまうので要注意です。使用する際には事前に手袋を装着するなど、徹底ガードを行ないましょう。万が一皮膚に付いてしまった場合は、シャワーやバケツの水などで洗い流して洗浄してください。

ご家庭でダニ駆除を行なう際の注意点・不安点

ダニ駆除は成長スピードとの勝負

ダニは成長段階でさなぎになるノミなどとは異なり、脱皮をするだけで成虫になることができるため、人間に被害を及ぼすスピードも他の衛生害虫に比べて格段に速いという特徴があります。そのため、被害から身を守り、最小限に抑えるには、卵から駆除し、幼虫用の駆除剤も使用するなどして、次期の成長過程に持ち込まないように継続的に、そしてこまめに対処していくことが大切です。

死がいの処理も確実に

ダニへのアレルギー反応が強い方は、ダニの死がいが含まれたホコリを吸い込んだだけでもかゆみなどの症状が出てしまうことがあります。そのため、薬剤で駆除を行なった際には、死がいを除去するために必ず掃除機で吸い取るようにしてください。

ダニの成長スピードが速いことや症状の潜伏期間が数時間~2日間ぐらいあることを考えると、ダニの存在に気付いたときには大量に増殖していることが多く、その段階でダニ駆除を市販の薬剤のみで行なうやり方には、やはり限界があると言わざるを得ません。駆除業者であれば薬剤のリスクなどの安全性も十分に考慮したうえで駆除を行なうので、大量発生した場合などご自身での駆除が難しい場合には、業者に依頼することが最善の策になるのではないでしょうか。

衛生害虫110番情報

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料! 携帯電話・PHS OK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。