ダニの種類や習性を知って有効な対処をしよう

ダニの特徴や習性を知ることで、ダニの発生リスクを大幅に低減することができます。ダニ対策を考えている方も、ダニが発生して困っている方も、ダニを知れば有効な対策ができるでしょう。ダニを知るべく、ダニの基礎知識と繁殖条件について紹介していきます。

ダニのエサを知って、ダニ対策をしよう!

二の腕や脇の下に内出血!?膝や肘などの露出部分に噛みつくことも多いダニですが、実は吸血するダニはごく僅かになります。住居に住み着くダニの中で、この吸血ダニの数は全体の1割にも満たないのです。では、その他のダニはどんな生活をし、どんな被害を私達に及ぼすのでしょうか。住居に住み着くダニを表と共に紹介していきます。

チリダニ(ヒョウダニ)

発生源

布団やソファーなどの布製品

餌(えさ)

タンパク質をエサに繁殖します

  • ・皮脂や油脂(汗など)
  • ・頭皮のフケや髪の毛

被害

脱皮殻や死骸片がアレルゲンとなって喘息などを引き起こします。

特徴・生態

とても小さなダニで、頭部・胴部を合わせた体長が0.1ミリ程度の大きさしかありません。死骸やふんなどが呼吸器官に入り込むことによってアレルギーを引き起こします。また、この種を捕食する大型のダニも増殖しますので、ダニ被害の根本解決のためには、このチリダニ対策が必要になります。

コナダニ

発生源

食品やタタミなど

餌(えさ)

コナダニのご飯は乾燥した食品です

  • ・食品粉末や粉製品
  • ・ワラや紙類

被害

カビや食品に被害を及ぼします。また、食品の他にも農作物にも被害を与えることがあります。

特徴・生態

主に食害によって農業被害や生活被害を与えるダニです。好物は粉物で、白い粉が吹いたような被害を食品に与えてしまいます。また、コナダニはツメダニのエサでもあることから、他の被害に派生してしまわないように対処が必要です。ゴム製品や瓶製品などを使って、食品の保管をしっかりと行いましょう。

ツメダニ

発生源

カーペットやタタミなどの他のダニが繁殖している所

餌(えさ)

チリダニやコナダニなどを食べるのがこのツメダニです

  • ・ダニの成虫(チリダニ・コナダニ)
  • ・小形の昆虫(幼虫達)

被害

小形の生物を食していますが、口器の針で人を刺すことがあります。痛みや腫れの他に病気を媒介するケースもあります。

特徴・生態

小さな生きものや他のダニを捕食するダニで、吸血性はありません。そのため、血の出ないダニ被害の多くはこのツメダニによって引き起こされているのです。エサは血ではなく他のダニなどの小さな生きものになりますので、エサである「小さな生きもの」への対策を行うことで、自然と被害が減少します。

イエダニ

発生源

野鳥や野ネズミなどの脊椎動物に吸着しており、宿主と共に迷入してくる迷入種

餌(えさ)

イエダニは寄生吸血性を持っています

  • ・脊椎動物の血液
  • ・人間の血液を吸うことも

被害

動物寄生性を持っており、宿主のネズミなどが死んだ場合、人から吸血を行います。血管内に保有菌を注入してしまう恐れがあります。

特徴・生態

吸血性を持ち、夜行性であるのがこのイエダニです。吸血性を持っているので血行には敏感です。普段は寄生先の脊椎動物の血液を吸いますが、寄生先のネズミや鳥などと一緒に住居に侵入し、人を刺すことも少なくありません。人を刺すことで病原菌を媒体することもありますので十分な対策が必要です。

ダニの種類によって、食性や習性に大きな違いがあります。寄生虫と言われるダニは一握りで、進化過程の突然変異によって寄生性(動物・昆虫寄生性)を得た限られた種類になるのです。しかしダニ各種の同一項として、頭胸部や触覚などの体のつくりだけでなく、発生条件においても同じ条件があります。

  • ①エサが近くにある
  • ②温度条件
  • ③湿度条件

各種に対応するエサが近くにあり、なおかつ高温多湿の環境下で、ダニは発生・繁殖します。次の項では、この重要な発生条件となる「高温多湿」について考えていきましょう。

ダニの大量発生を防止しましょう

一般的に、ダニは高温多湿が大好きで、繁殖期にはねずみ算式に個体数が増えていくと言われています。日本の雨期、梅雨はゴールデンウィークからお盆休みにかけての温かい夏場になりますので、高温多湿になりやすい傾向にあります。少しでもダニ繁殖を防ぐために、繁殖の温度条件・湿度条件に分けて迫っていきましょう。

温度について

ダニの繁殖温度は20~30度になります。この気温・室温下においてダニの繁殖力は強まるのです。つまり、冬場でも暖房機器などで室温が20度以上であれば、ダニの繁殖圏内と言えるでしょう。

【20度よりも低温の場合】

ダニは寒くなると冬眠状態になります。ダニの成虫が死滅したとしても、ダニは卵や蛹の状態で寒さに耐えることもできるのです。

【30度以上の場合】

熱でダニ退治をする場合、50~70度が目安とされています。つまり、ダニは夏場の暑い室内環境でさえ耐えぬくことができるのです。

湿度について

ダニは乾燥状態では生きることができません。ダニの生息に適した湿度は60~80%になります。特に湿度70~80%はダニの繁殖に適した湿度になりますので、湿度計などを利用して湿度対策を行うことが重要になります。

【湿度対策】

  • ・布類に乾燥機をかける

    布団乾燥機などで布類の湿度を下げることで、ダニを乾燥死させることができます。

  • ・こまめに換気をする

    あたりの湿度を下げる方法として換気は重要な対策になります。チリダニ被害のアレルギー被害の対策にもなります。

  • ・湿度を吸い込む素材を取り除く

    掃除をして、湿度を吸い込む室内塵を取り除くことで湿度対策をすることもできます。湿度対策だけでなく、
    同時にダニの産卵場所や潜入場所を減らすこともできます。

温度・湿度の管理は意識的に行いましょう

日本全国の年間平均気温は約15度、平均湿度は約70%になります。つまり、室内の空調設備を稼働させることによって、ダニの繁殖圏内にすぐ入ってしまうことに他なりません。そのため、意識的に温度・湿度対策を行う必要があるでしょう。

ダニの生息・繁殖条件を知ることは、有効なダニ対策に繋がります。具体的には、繁殖圏内となる湿度・温度を意識的に避け、エサを取り除くことで、自然にダニは減少していくのです。もちろん、この方法は長期的な予防策になりますので、ダニ被害の対処法としては別の方法を採ることが重要になります。害虫駆除業者に駆除を依頼し、駆除効果を高めるために上記方法を採ることも一つの案となるでしょう。温湿度を避け、ダニを避けて、快適な生活を送ってみてはいかがでしょうか。

衛生害虫110番情報

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料! 携帯電話・PHS OK!

0120-949-097

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。